私たちがこだわりをもっているのは「美味しい食事」「心なごむサービス」だけではありません。

これらは厳しい衛生管理なくして決して成り立ちません。ホスフェクスでは全ての業務の基本を衛生と位置づけ、日々の業務に当たっています。

衛生調査

産婦人科の厨房を預かる立場から、ホスフェクス独自の衛生マニュアルを作成しております。これを使用し、入社する社員・パートの方に入社前研修を行っております。基本となる正確な手洗いの方法から、食中毒や感染症に関する知識をレクチャーしてから実際に現場業務に就かせております。また、定期的に開催されている所長会議において管理栄養士が衛生について講義する時間を設け、日々更新されていく衛生についての知識を現場に伝えております。
さらに衛生についてのトピックスが報道等で取り上げられる場合には、内容の解説とホスフェクスとしての対応を社内文書に作成し、発信しております。

衛生調査

各事業所が日々の中で、衛生に関する意識を持って業務にあたっているかを調査するために管理栄養士およびスーパーバイザーが定期的にチェックを行なっております。正確な手洗いを行なっているか、冷蔵庫の温度チェックは行なっているか等調査項目を定めて調査を行い、結果を本部と所長に通達します。
改善点がある場合には伝え、担当管理栄養士、スーパーバイザー、所長での話し合いによって解決策を見つけ出します。

身だしなみについて

調理師、栄養士、パートの方全てに会社指定のユニフォームを貸与しております。私たちの業務の中では直接お客様と接する場合もあることもあります。「清潔な身だしなみがすべての基本」と考え、業務に入る前にきちんとユニフォームを身に着けます。さらに個人衛生チェックシートを用いてチェックを行ってから実際の業務に入ります。